夢や志を求めることの害悪

Sponsored Link

最近、悩みの中にいます。
心の中がモヤモヤしっぱなしでネガティブな気持ちが抜けません。
このままだと、昔のように倒れてしまいそうなので、今の気持ちを吐き出しておきたいと思います。

モヤモヤの原因

なぜこんなにモヤモヤするのか、原因を色々と考えてみました。
考えついたのは、

①お金の問題(収入が少ない)
②人間関係の問題
③自分の方向性(夢や志)が決められていないこと

この3つかなと。

①に関しては今に始まったことではありません。それに何とか最近は収入も確保できるようになってきました。なので①は大きな問題ではないです。

②は一つ大きな悩みです。何か最近、また周囲と比較してしまう悪い癖が出てきて、フェイスブックなどで他人の活躍や楽しそうなパーティーの投稿をみて、仲間に入れない自分をもどかしく感じています。まぁ仲間に入りたいとも思っていないのですが、なぜか嫉妬心みたいなものを感じてしまいます(本当は仲間が欲しいのかな)。でもこれに関しても、それほど大きな問題ではないと思っています。

ということで、問題は③です。

退職後1年半以上が経過しましたが、自分の方向性を明確化できていません。

中小企業診断士として仕事はちょこちょことしていますが、このまま続けていきたいのか、意思は固まっていません。

自分はどこに行きたいのか?

果たして自分は何をしたいのか?どこへ行きたいのか?
それが定まっていないのがモヤモヤの原因だと感じています。

活動していてよく聞かれるのが「masapiroさんはどのような方向性や専門でやっていきたいと思っているのですか?」という質問。

僕はこの質問が苦手です。答えようがないからです。

はっきり言って、今の自分には明確な夢や目標、志のようなものはありません。
ただ、毎日与えられた仕事をこなしているだけです。

「ちゃんと目標を定めなくてはだめだよ」とか「人間は自分の考えた通りの未来に行きつく」などと言われるたび、「夢や志を持たなきゃ」と焦ってしまいます。

でも、そうやって考えても夢なんて見つかるわけがありません。

そうするとまた焦りや自分への嫌悪感が募る…

結局はこれがモヤモヤの原因でした。



 

夢や志を持とうとすることの害悪

最近、人間には2タイプいるのではないかと考えるようになりました。ひとつは夢や志を定めてそれに向かって突き進むタイプ。そしてもうひとつが、大きな目標は定めず、日々、経験をコツコツと積み重ねていくタイプ。

僕は完全に後者です。今までも、明確な「夢」なんて持たずに生きてきました。

大きな夢を追い求めるよりも、日々、自分の小さな成長を感じていたいと思っています。

無理に夢を持つ必要があるのか?

「夢に向かって突き進むことが素晴らしい」そんなこともよく語られます。

では、夢を持ってこなかった僕が不幸か?そんなことはありません。

むしろ「夢を持たなきゃいけない」という強迫観念に囚われて生きる方が不幸ではないでしょうか?

また、そうやって無理やり作り出した夢に向かったところで幸せになれるのでしょうか?いつか矛盾が噴出して苦しくなるだけではないでしょうか。

さらに、夢と現実が乖離しすぎていると、自分への自信が失われ、逆に前に進んでいく力が失われることにもなりかねません。



 

夢なんてなくても、その日を楽しめばいい

結局、夢なんて見つからなきゃ見つからないで、その日その日を充実させていけばいいのではないでしょうか。無理に探す方がストレスになります。

もしかしたら、無理に探さない方が、何か見つかるかもしれません。

毎日、何かを積み重ねて自分がどこに到達できるのか。そんな考え方も悪くないと思います。

先のことは考えず、とりあえず美味しいものでも食べていればいいんですよ、結局。そっちの方が余程幸せになれるのではないでしょうか。

 

目標は決めない

ということで、僕も夢とか目標とか志とか、大層なことは当面考えないことにします。

せっかくの自由な時間、そんなことに囚われていてもしかたありません。
もっと心を自由にして、日々を充実させることに力を集中させたいと思います。

来年は目標も決めません。僕のようなタイプは目標を定めなくても日々改善していけるタイプです。そのようなタイプは、中途半端に目標を定める必要はないのだと思います。

とりとめのない内容になってしまいましたが、先のことで悩みがちな方は、今に集中するといいのかもしれません。