会社やめて1年半が過ぎたらこうなった

Sponsored Link

 

こんにちは。masapiroです。

2016年7月にこのブログを開設して2年、2017年3月に会社を退職してから1年半が経過しました。

ブログを書き始めたのが昨日のことのようです。

 

今は、何とか生きています。

再就職もしていません。

私の少ない収入と、妻の稼ぎと、時々貯金も切り崩しながら、なんとかやっています。

今回は会社をやめて1年半。今の状況や気持ちを書き残しておきたいと思います。



次第に高まる不安

以前までは、このブログでも「あまり不安はない!」などと強気なことを書いてきました。

ただ、今は少し状況が変わってきました。

 

正直、今は不安でいっぱいです。

 

今は、ある資格をベースにフリーで仕事をもらいながら仕事をしています。

企業コンサルや本・雑誌の執筆などを受注しながらお金をもらってますが、まだまだ駆け出しということで単価も安く、収入も安定しません。

妻には安定的な収入があるので、何とかやりくりはしていますが、毎月の収支は赤字です。

このままでは、どこかで破綻してしまいます。

 

それに加えて、自分が本当に何をやりたいのか、見えなくなってしまっていました。

色々手を出しているけれども、どうもしっくりこない。

同じ資格を取得した同期が自分の道を見つけ活躍している姿を見て、焦りも感じます。

 

そんな収入面の不安や焦りもあり、8月後半ころから少し精神的にも不安定になってしまいました。

仕事もなかなか手につかず、新しい仕事の受注も断ったりしてしまいました。

 

不安を解消するためにやったこと

「このままでは不安に押しつぶされてしまう」

本当にそんな気持ちでした。

会社員であれば休職中も給料もらえますが、フリーだとそうはいきません。倒れる訳にはいきません。

なんとか気持ちを落ち着かせるため、対策を打ちました。

本を読みあさる

まずは時間があいたので、本を読みあさりました。

ちゃんと読んだのは以下の3冊。

【マインドセット「やればできる!」の研究】

 

【なぜ一流の人は不安でも強気でいられるのか】

 

【超ストレス解消法】

 

「もう、なんでもいいから自分の中の不安を解消したい!」

「前向きな気持ちになれるヒントを得たい!」

そんな藁にもすがる思いでした。

 

感情を記録する

色々読んだ中で、ある1つの方法を実践してみることにしました。

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド」にはストレスを軽減するための様々な方法が紹介されていますが、その中に「ストレスダイアリー」と呼ばれる方法があります。

「ストレスダイアリー」とはその名の通り、その日感じたストレスを日記に記録していく方法です。

ストレスや不安を日記に書くことで、自分の心の負担を客観的にとらえることができ、それによってストレスや不安が解消される効果があるそうです。

 

「自分の心を客観的にとらえる」というのは、マインドフルネスの考え方にも通じ、心理学の世界では不安やストレスの軽減に効果があるとされています。

最初は疑心暗鬼でした。

でも気持ちを外に出してみると、

「こんなこと気にしてもしょうがないな」

「なんでこんなこと不安に思っていたんだろう?」

というように、自分の不安やストレスが、どこか他人事に感じられるようになりました。

 

人間って大したことがないことでも、自分事としてとらえると、影響を必要以上に大きく見積もってしまうもんなんですよね。

だから、気持ちを外に出して、どこか他人事のように見ることで、その影響を正確に見積もれるようになるんだと、やってみて実感しました。

不安で悩んでいたことも、具体的に書き出してみると「ん、こんなの別に大した問題じゃないじゃん」と自己解決してしまったり、「こうすればいいんじゃない」と解決策が見えてきたりします。

何か、他人にアドバイスしているような感覚になります。

不安やストレスに押しつぶされそうな人は、ぜひ試してみてください。

*今回紹介しませんでしたが、3冊とも素晴らしい本でした!また書評を書きたいと思います。



脇目もふらず頑張るしかない!


そんなことで気持ちが上がったり下がったりを繰り返していますが、今は「とにかく脇目もふらず、目の前のことを頑張るしかない」という気持ちです。

その中で時々、自分の気持ちや考えを客観的に見てみることで、今後の方向性や、やりたいことも見えてくるのではないかな、という感じています。

暇をしてると、また不安に襲われそうですし、今は自分の限界までやれるだけやってみたいという気持ちです。

さぁ、前をむいて歩いていこう。