退職から一年がたったので独立することにしました。

Sponsored Link

昨年の3月15日に最後に出社してから今日で一年が経ちました。

気分的にはまだ半年くらいしか経っていない感じですが、もう一年たってしまいました。

節目ということで、今回も今の状況を書き残しておきたいと思います。

会社やめて1年たった今の状況

まずは、今僕は何をしているか。

前回(退職して11か月が過ぎたらこうなった)、中小企業診断士の実務補習中だという話をしました。

その実務補習も無事修了し、4月には中小企業診断士として登録されることになりました。

実はその実務補習の中で縁があって、担当の先生から仕事を紹介してもらい、4月から都内のある機関での仕事をさせてもらうことになりました。

仕事と言っても半分バイトみたいなもんですけどね。

それから、仕事の合間には診断士としての活動も行っていきたいと思っています。

今月中には開業届も出す予定です。

機関に所属するので完全ではありませんが、僕は独立をすることにしました


なぜ独立を選んだか?

Photo by Jackman Chiu on Unsplash

貯金も次第に減ってきて、そろそろ何かしら仕事をしなくてはいけない状態になってきました。

再就職するか独立するか色々と考えましたが、やはり今は会社員に戻りたくないという気持ちが強かったです。

 

独立を選んだ大きな理由は、ここで一度自分の実力を試してみたいと思ったからです。

僕はこれまで、どちらかというと安定的な方向にばかり流れてきました。それが自分の中で大きなコンプレックスだということに気が付きました。

ここらで一度、チャレンジして自分の実力を試すべきじゃないだろうか。それが将来後悔しないためには必要なんじゃないか。今はそう感じています。

せっかく試験に合格しチャンスを得たのです。これを活かさない手はありません。

 

もう一つの理由は、自分でコントロールできる人生を選びたかったからです。

会社員だと昇格するに従って、次第に自分の生活も会社にコントロールされるようになってしまいます。

僕はそれは嫌でした。

もちろん独立しても仕事をする以上すべて自由という訳にはいきません。

ですが自分でコントロールをすることができます。

他人に振り回される人生でなく、自分の理想とする人生を自分で造っていきたいのです。

だから僕は独立を決めました。

 

食っていけるの?

診断士として独立した人の話も色々と聞きました。

資格ってよく「食える食えない」ということが議論されますが、結局はその人次第なんですよね。

どんな資格でも独立して食える人もいれば食えない人もいます。

診断士でも稼げずに会社員に戻る人もいれば、一人で年間3000万稼いでいる人もいます。

少なくとも言えることは「資格取ったら食える」と思っている人はダメな人だということでしょう。

「実際、中小企業診断士って食えるの?」ということについて、話を聞いた限りだと「思ったよりは食える、少なくとも飯を食っていくくらいは稼げる」というのが僕の正直な感想です。


一年前には想像もしていなかった流れ

正直、会社をやめた時には一年後に中小企業診断士で独立するということは考えてもいませんでした。

独立するということは、頭の片隅には考えとしてありましたが、実現するとは思っていませんでした。

診断士の資格も「とりあえず」という気持ちで受験を決めたものです。会社をやめる時から「絶対診断士になる!」と決意して臨んだわけではありません。

それでも一年で合格することができ、こうして仕事を得ることもできました。

「とりあえず」でも始めてみることが大切

このように「とりあえず」でもいいので、やりたいと思ったことは始めてみることが大切だと痛感しています。

もし、「資格なんて取っても役に立たないかもしれないし」とか考えて受験しなければ、今のこの状況はなかったわけです。

一歩踏み出して「とりあえず」トライしたから今の結果があります。

考えてるだけでは何も前に進みません。「少しでもやりたいと思ったら、小さくでもいいからスタートすること」が大事だとわかりました。

 

迷っている人へ

Photo by Ben White on Unsplash

「会社やめたい」「仕事嫌だ」「でも辞めたら食っていけるだろうか?」

おそらく、このブログの読者は、そのような迷いを抱えている人が多いのではないでしょうか。

このブログでも繰り返し言っていますが、安易に退職を決めるべきではありません。お金や家族のことはきちんと考える必要があります。

ですが、迷っているだけでは何も解決しません。

迷っているうちに歳を取り、人生が終わってしまいます。年齢が高くなるほど、選択肢も狭くなっていきます。

大きな行動でなくてもいいので、少しづつ何かを変えるべく行動するべきでしょう。

 

思い切って会社のムダな飲み会や残業を断ってみる。

週末にやってみたかった趣味を始めてみる。

資格取得の勉強を始めてみる。

 

会社をやめることにこだわる必要はありません。

小さいことから変えていけばいいのです。

そうすれば、一年後には思ってもいない自分が待っているかもしれません。