「会社やめたい!」と思うなら節約は必須。格安SIMで毎月の固定費を削減しよう!

mobile

Sponsored Link

会社やめたいけど、すぐにはやめられない。そう考える一番の理由はやっぱりお金ではないでしょうか。僕も会社を辞めたいと思ったとき、一番に心配になったのはやはりお金です。

会社やめるなら現実的にお金は必要

以前に会社やめた後のお金として健康保険料について書きました。僕の場合、一年分の健康保険料として約43万円支払いました。これに加えて年金保険料と税金もこれから支払わなくてはいけません。そうすると100万円以上の出費となってしまいます。

一時的にでも収入が途絶えるなら固定費の見直しは必須

当然それに加えて月々の生活費も支払わなくてはいけません。会社をやめてすぐに就職しないのであれば、最低一年分くらいの貯蓄がないと現実的には苦しいです。結局お金が無くなって、前職よりも条件の悪い会社に再就職することとなっては本末転倒です。

退職後の生活費を節約する、また退職するためにお金を貯めたいのであれば固定費を削減することが最優先です。

家族がいると携帯代の負担って大きい

固定費の中でも負担が大きいのが携帯代ではないでしょうか。大手キャリアを利用している人は1人頭1万円前後支払っている人もいるのではないでしょうか。家族が多くなると通信料の負担はかなり大きいものになります。

格安SIMへの乗り換えを検討しよう!

そこでおすすめしたいのが、スマホを格安SIMに乗り換えることです。僕も妻と二人で格安SIMに乗り換えて月8千円程度の通信料節約に成功しました。

乗り換える前は、通信状態や通話に対しての不安もあったのですが、変えてみると何の問題もありません。今までなんであんな高い通信料を払っていたのかという気持ちになりました。

乗り換えるのに不安な方もいるかもしれませんが、全く心配ありません!節約したい人はキャリアの縛りの違約金を払ってでも早く乗り換えた方がお得かもしれませんよ。

おすすめは楽天モバイル


1.通話SIM、データ通信量3.1GBプランで月額1,600円。

妻が契約している通話+データ通信3.1GBプランだと月額の基本使用料は1,600円となります。これに端末保障500円をつけても2,100円/月です。これにドコモだった時には7,000円程度かかっていたので5,000円/月程度通信料を削減できました。1年にすると約60,000円、夫婦だとその倍、子供もいれば3倍!の節約になります。

具体的な料金はこちら → 料金ページ

2.楽天ポイントでの支払いもできる。ポイントも+1倍に。

楽天モバイルは楽天ポイントで支払いができます。また楽天モバイルを利用すると楽天市場でのポイントが常時+1倍となります。楽天モバイルの支払100円につき1ポイント付与されるので、楽天をよく利用する人はモバイルも楽天にすると、より効率よくポイントを貯めることができてお得です。

3.実店舗もあるので実際に機種も見れるしサービスについても聞くことができる。

格安SIM業者(MVNO)は実店舗を持たないところが多いですが、楽天モバイルは店舗が各地にあります。なので店舗を訪れて実際の機種を触ったり、サービスについて確認することもできます。

4.今の携帯から番号を変えずに乗り換えられる。

MNPという方法を使えば今利用している携帯番号を変えずに格安SIMに乗り換えることができます。これは格安SIMだけではなくてキャリア間の移動(ドコモ→ソフトバンクなど)の場合も利用できます。

電話番号の乗り換え方法 → MNP

5.余ったデータ通信量は次月へ繰り越せる。

余ったデータ通信量は翌月まで繰り越すことができます。なので3.1GBのプランでも月初は写真のように6.2GBのスタートになってます。なお、繰り越した分をさらに翌月に繰り越すことはできません。

データ通信料

先月は繰り越し分だけしか利用しなかったので、3.1GB分がまるまる繰り越しになってます。

6.機種も買うなら「honor8」がおすすめ!

楽天モバイルで新機種を買うなら「honor8」がおすすめです。光沢のある背面はとても綺麗で、一見するとiPhoneのようです。カメラや機種自体の性能も高く、非常にコスパの良い機種です。

iphoneとhonor8

iPhone6との比較。honor8の方が一回り大きいですが女性が片手で使用できるサイズです。

honor8
光沢があって美しい背面。指紋が付かないようすぐにカバーをしましょう。

 

最大15,100円引きキャンペーンもやってるので今のうちに乗り換えてみてはどうでしょう。

7.今持っている端末でも乗り換えることができる

楽天モバイルに乗り換えるために必ずしも新しい機種を買う必要はありません。今使っているキャリアの機種でも乗り換えられる可能性があります。

大手キャリアの端末を利用している人は、まずSIMロックを解除してもらう必要があります。携帯電話やスマホで通信をするためには下の写真のようなSIMカードが必要ですが、大手キャリアで契約した端末だと他のキャリアやMVNOのSIMカードが使えないようにロックが掛かっています。

シムカード

端末にSIMロックが掛かっている場合、例えばソフトバンクで契約したiphoneで楽天モバイルに乗り換えようとしても、楽天モバイルはドコモ系のため、そのまま利用することはできません(ドコモで契約したiPhoneなら可能です)。
格安SIMを利用するためには、そのロックを解除してもらう必要があります。ロック解除の条件はそれぞれのキャリアによって異なるのでホームページやショップで確認してみましょう。端末をそのまま利用したい場合は現在のキャリアと同じ系列の回線を利用している会社を選ぶと良いでしょう。

どの会社がどこのキャリアの回線を利用しているかはwikipediaに纏まっているので参考にしてみて下さい。とはいってもほぼドコモですが。



また現在持っている端末がMVNOのSIMカードに対応しているかも確認の必要があります。
楽天モバイルの場合はこちら → 対応端末

格安SIMを使うデメリット

当然ですが、価格が安いだけあってデメリットもあります。

1.初期設定などは自分で全部やらないといけない

初期設定などはキャリアでやれば店舗ですべて店員さんがやってくれますが、格安SIMの場合は基本自分で行わなくてはいけません。LINEなどのアプリも自分で設定しなければいけないので、面倒ではあります。

2.時間帯によっては通信がかなり遅くなる

これらの格安SIM業者(MVNO)は大手キャリアから通信網を間借りするような形で運営されています。そのため、大手キャリアと比較すると、通信網は弱く多くの人が同時に使う時間帯は通信スピードが非常に遅くなってしまいます。

特に通勤時間帯の朝夕、そして昼休みの時間帯は非常に遅くなります。以下のサイトが各社のスピードを検証してるので参考にしてみて下さい。

最初はちょっと遅いな~と感じましたが、慣れてくれば特に問題ありません。会社やめたら通勤時間帯や昼休みも関係ないですしね(笑)。

3.端末によってはおサイフケータイやモバイルSuicaが使えないものも

キャリアで端末を購入した場合、ほぼすべての端末におサイフケータイなどの機能がついていると思いますが、MVNOの端末(特に中国・台湾系メーカーの端末)はこれらの機能が使えないことが多いです。どうしてもこれらの機能を利用したい場合は端末の選択に注意しましょう。

楽天モバイルの場合はシャープか富士通製の端末であれば対応しています。

4.通話が多い人は割高になってしまう可能性も

ここが一番のポイントかもしれません。MVNOの通話料は大手キャリアと比べて割高なことが多いです。無料通話分なども無い場合が多いので通話が多い人は逆に割高になる可能性もあるので注意が必要です。家族同士無料などのサービスもないので、家族間で通話が多い人は注意が必要です。

楽天モバイルの場合、「楽天でんわ」というアプリを使用すれば850円/月で5分以内の通話が何度でもかけ放題になるプランもあります。このようなプランを自分の普段の使い方に当てはめてお得かどうか判断する必要があります。

まとめ

はっきり言ってキャリアにたくさんお金を落とすのはもう無駄です。会社を辞める辞めないは関係なく、やはり「無駄な」出費は減らさなければいけません。年間60,000円出費を減らすことができれば、それを自分への投資に充てることもできます。

もちろん、スマホの利用状況によっては格安SIMに向かない人もいます。自分の利用状況をよく考えて検討してみてはどうでしょうか。

格安SIMが向かない人
  • 自分で色々設定するのがめんどくさい人
  • とにかく速度が遅い通信は許せない人
  • バリバリ電話しまくるという人