結局、動く人だけがすべてを手に入れる

upset

Sponsored Link

『仕事がつまらない。上司がバカでムカつく。満員電車が耐えられない。給料が安い。』

こんなブログを見ているということは、あなたも仕事に対する不満を抱えきれないほど抱えてるのだと思います。

でも、そんな不満は自然と解消するでしょうか?

まず、100%解消しないと断言していいでしょう。

本気で仕事を楽しくしたいなら、自分から動かなければいけません。結局、行動する人がすべてを手に入れるのです。




じっとしてても貴重な時間がすぎていくだけ

不満を抱えつつも、黙って毎日ルーティンを繰り返しているだけでは何も変わりません。ただ時間が流れていくだけです。そして時間がたてばたつほど、状況を変えることは困難になっていきます。

今の状況に満足していないのであれば、状況を変えるために行動するしかないのです。転職する、起業する、会社を辞めて勉強する。

どのように行動すればいいかは、その人によって異なりますが、行動しなければ何も起こらないということは共通しています。

ブラック企業問題の原因は労働者が移動しないこと

そもそも、近頃問題視されている日本企業の「働かせ方」も人が行動しないことが原因になっています。

それがブラック企業です。なぜ、まともに給料も払えない(払わない)、労働者の権利を無視するような企業が存続できるのでしょうか。それは、労働者が移動しないからです。

労働者の移動が活発になれば労働基準法を無視する企業や「人を人とも思わない」企業からは労働者がいなくなってしまうはずです。そうなれば、人手不足が深刻化している社会でブラック企業は自然淘汰されていくはずです。

移動が起こらない(しかも、残業代が出ないような状況でも真面目に残業してしまう)からブラック企業は存続できるのです。

勤めている会社がブラックだと思うのならば、すぐに辞めて次を探すべきです。すぐに辞められないのなら、「お金を貯める」「資格を取る」「給与以外の収入源を確保する」など辞めた後の生活のための戦略を立てて、それをすぐ行動に移さなくてはいけません。

「うちの会社はブラックだ!」と主張したところで会社は変わりませんし、周囲も同情はしても助けてはくれません。

人手不足が深刻化する中、貴重な人材を抱え込んだ上に給与もまともに支払わない会社は社会にとって害悪です。経済成長や人々の暮らしの安定になにも貢献していません。こういう会社が存続できないようにみんなが行動しなければいけません。




思い込みを捨てゼロベースで自分の生き方を考えよう

「そうは言っても、俺なんて他では通用しない」、「ローンもあるし生活できなくなったら困る」と思うこともあるでしょう。

でも、それって本当ですか?

そう思い込んでるだけじゃないのですか?

心理学の用語で「認知的不協和」という言葉があります。

認知的不協和(にんちてきふきょうわ、英: cognitive dissonance)とは、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。

wikipediaより引用https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%9A%84%E4%B8%8D%E5%8D%94%E5%92%8C

少しわかりづらいのですが、「人は自分の信念や行動と異なる(矛盾する)真実を突きつけられると、不快感を覚え、その新しい真実を否定しようとする」ということです。

例えば喫煙者が「たばこを吸うと肺がんになるリスクが高まる」というデータを知った時、「たばこが好き」という思いと「肺がんになりたくない」という思いが心の中で矛盾してしまいます。

このような矛盾した状気持ちを抱えることは気持ちが悪いので、「そんなこと言ってもみんな肺がんになってる訳じゃない」などと言って「新しい事実」(ここでは「たばこを吸うと肺がんになるリスクが高まるということ)を否定しようとします。これが「認知的不協和」とそれを抱えた人の行動です。

*注 もちろん喫煙者の例は必ず認知的不協和が原因と言える訳ではありません。

話を戻すと、今の会社や仕事に不満を持ちながらも「他じゃ通用しない」と言って不満を閉じ込めてしまうのも、この認知的不協和を解消しようとしているだけかもしれません。

だから、一度自分の中の矛盾と向き合ってゼロベースで考えてみる必要があります。

「自分は本当に他じゃ仕事できないのか?」「努力すればなんとかなるのか?」「そもそも今の会社の何が嫌なのか?」「本当に今の仕事が嫌なのか?」

先入観をできるだけ無くして、これらのことをよく考えてみて下さい。

「今の仕事は嫌で仕方ないけど、やっぱり俺は他では通用しないし、今さら努力もしたくない」という結論を出したのならば、もうあきらめるしかありません。我慢と不満を抱えたまま残りの人生を過ごすしかないでしょう。

「他では通用しない」というのは思い込みかもしれないと感じたのであれば、『他社の面接を受けてみる』、『転職エージェントに相談してみる』、『資格やMBAなどの取得を目指してみる』など行動してみてはどうでしょうか。

まとめ

もちろん、行動したからと言って必ずしも状況が良くなるとは限りません。頑張って転職したら転職先もブラックだったという話もよく聞きます。

でも行動しなければ良くなることはありません。現状も維持できる保証はありません。

自分の人生をいいものにしたい、楽しく働きたいというのであれば行動し続けるしかないのです。

行動する人だけがすべてを手に入れる権利を得られるのです。

また、行動する人が増えればブラック企業問題も解消され、社会全体も良い方向に導くことができます。

自分の人生を諦めきれない人は自分とよく対話をして今後の戦略を考えてみて下さい。それだけで行動する勇気が湧いてくるかもしれません。

まとめ
  • じっとしていても物事は解決しない
  • 思い込みは捨てて行動に移そう!
  • 行動した人のみがすべてを手に入れる

!関連記事!

不満を言っても会社は変わらない

2016.10.23