謙虚になって自省できない人は成長しない

Sponsored Link

暮れも押し迫って、忘年会と年末挨拶廻りという意味があるのかわからないイベントをこなしているMasapiroです。

そんな中、僕の後を引き継いでくれるであろう後輩が大トラブルを起こしました。
僕の仕事は基本的に彼に引き継ごうと思っていたので、非常に不安です。

彼はお客さんから依頼されていた製品の改良依頼を半年以上放置した上、次回から改良品を納品するという嘘をついていました(実際には何もしていないにもかかわらず)。
当然、改良品が納品されると思っていたお客さんは激怒し、上司にクレームの電話が入ってしまいました。
どう考えてもバレる嘘をなぜついたのか不思議でなりません。

その後輩は昨年から明らかに分かる嘘をついたり、トラブルを隠して後から大問題になることが度々ありました。

彼は大きな取引を引っ張ってくることもあり、営業として能力がない訳ではありません。
能力が無い訳ではないので、余計に腹が立ちます。

彼は決して放漫な性格ではなく、普段は明るく後輩からも慕われる男です。
ただ二人になると、他人の噂話と会社の批判ばかりになります。

「この会社はクソだ!」
「うちの会社は他社と比べて10年遅れている」
「〇〇は仕事してない!」

そんなことばっかり言ってますが、「なにがクソなのか?」「どこが遅れてるのか?」と聞いても具体的には何も出てきません。論理的で建設的な提言ではなく、感情論だけです。

彼から出てくるのは会社や他人の批判ばかりで、自分のことはあまり語ろうとしません。
プライドが高いのか失敗やトラブルについても話そうとしません。(だから後になって大爆発してしまいます。)

今回の件も失敗したと思われるのが嫌で黙っていたのでしょうか。



辛辣な書き方になりますが、彼は駄々をこねる幼児と同じで、自分の失敗や上手くいかないことを他人や会社の所為にしているだけなのです。だから同じことを何回も繰り返してしまいます。

彼に限らず常に他人の批判や噂話ばかりしている人で仕事ができる人を見たことがありません。そういう人は、不完全な自分に向き合うのを避けるために他人を利用しているのです。

完璧な人間などいません。完璧でない自分に向き合わなければ、自分に足りないことや自分が本当にやりたいことは見えてきません。自分から目をそらして他人ばかり気にしていてはいつまで経っても進歩できません。

偉そうなことを書いてしまいましたが、これは自分への戒めでもあります。
僕は自分で決断をして、これまでと違う道に進むことを決めました。

謙虚に自分に向き合い、自分を成長させていく。そしてそのプロセスを楽しむ。
この気持ちを忘れないため、ここに書いておきます。