16/07/25 上司に報告

Sponsored Link

行動を決意

「思い立ったが吉日」という訳ではありませんが、会社を辞める決意をした2日後には上司(課長)に退職の意思を伝えようと行動を起こしました。

その日はちょうどグループの他のメンバーが全員外出しており、グループ員で社内にいるのは僕と課長の二人だけでした。昼休み、いつもは社内の食堂で昼食を済ますのですが、食堂では話しづらいので外でのランチに誘い出しました。

上司に伝える

車で会社から少し離れた定食屋に行き、普段通りに昼食を食べた後、唐突に年内いっぱいで会社を退職したい旨を伝えました。上司は少し面食らったようでしたが、僕の昼食の誘い出し方が怪しかったらしく(笑)何かあるなとは感じていたようです。

やめる理由については「実家の家業を継ぐため」とだけ言いました。

実は今の上司は前の部署でも上司だった時期があり、付き合いの長い人です。以前から実家のことや僕の人生観についても話をしてきたので、理由については理解してくれました。ただ、12月末で退職となると期中(うちの会社は下期が10月~3月)のため、人員補充も難しいので退職するにしても、できれば3月末まで残ってくれないかと慰留されました。

ただ、お前の意思は尊重するので、時期を見て部長にも伝えると言ってもらえました。

伝えた後の気持ち

伝えた後、自分がどんな気持ちになるのだろうと不安でしたが、上司がすんなりと受け入れてくれたため、その日は動揺することもなく、午後からも普通通りに仕事をこなしました。家に帰ってから妻にも伝えましたが、「わかったよ」とだけ。

後悔の気持ちや今後の不安も、この時は感じませんでした。むしろ胸のつかえが取れてスッキリとした気持ちでした。

結局この日は何事もなかったかのように一日が終わり、眠りにつきました。