勇気を出して自分の意志を伝えよう

Sponsored Link

僕がよく言われた言葉。

「お前って何考えてるかわかんないよね。」

「masapiro君って何か好きなこととかないの?」

他の人から見て僕はかなり謎な存在だったようです。

自分に自信が持てず意思表示が苦手だった

このブログをずっと読んで頂いている方はおわかりでしょうが、僕は昔から意思表示をするのが苦手な性格でした。

自分に自信が持てず、自分の意見や意思を口にするのが怖かったのです。

「自分の意思を口にしてバカにされたらどうしよう」「僕はこういう意見だけど見当違いだったらどうしよう」

こんな事ばかり考えて、気が付けばだんまり。

たぶん僕と話していても誰も楽しくなかったでしょう。

 

仕事でも自分の意思を言えず。。

仕事でも同じでした。

僕は営業に配属されましたが、5,6年やったあたりから仕事がマンネリ化してきました。

毎日同じルート先への訪問で、もうやることが無いような状態。

このまま営業に居続けても幅広いスキルがつけられないと感じて、他の部署に異動したいと考えるようになりました。

でも、それを口に出すことはできませんでした。

「他の部署行きたいなんて言ったら評価が下がらないだろうか」「営業が嫌で逃げていると思われないだろうか」というような勝手な妄想ばかりして悩むばかり。

結局、退職まで営業職をやり続けることになりました。

 

「いつか誰かが理解してくれる」ことは無い

正直な気持ちを言うと、「誰かが僕のことを見てくれていて、気持ちを代弁してくれるのではないか」という勝手な期待もありました。

でも、そんなこと、まず無いんですよね。

他人の本当の気持ちなんてわからないですし、そんなことわざわざ代弁する面倒を引き受けてくれる人なんていません。

結局のところ、自分で意思表示しないと何もわかってはもらえないのです。

他人に期待しても自分の人生をいい方向に導いてなんてくれないんです。

 




 

周囲の理解を得るためには勇気を出して意思表示をしよう

日本ではこれまで、自己主張を抑えて黙って主人に従うような生き方が良しとされてきました(特に会社員は)。

でも今はそんな時代ではありません。

きちんと自分の意思を主張して、外にアピールしていかないと誰も評価してくれません。主体性のない人だとみなされてしまいます。

 

自分には特に意思や意見はないという人もいますが、本当でしょうか。誰しも自分の理想とする生き方や、働き方をもっているはずです。

それは口に出して意思表示をしないと決して実現しません。

口に出すのは他者に対してだけでなく、自分自身に対しての意識づけでもあるのです。

「俺はこう生きたい!」

そんな思いがあるのなら、どんどん口に出しましょう。

そうすれば、思い描いた方向に舵が切られていきます。

僕のようにつまらないことに悩んで、自分の意思を殺さないように、みなさんにはしてほしいと思います。