30数年の人生の中で僕が一番後悔していること

僕が一番後悔していること

Sponsored Link

30代も半ばを迎え、人生の岐路に立たされている今日この頃。

あまり、過去のことを振り返るのは好きではないのですが、今後の人生を良くするためには時には今までの自分を振り返ってみることも必要です。

思えばこれまで、いろんな失敗を繰り返してきましたが、今思い返してみるとどれも取るに足らないようなことばかりです。

ただ、一つだけとても後悔していることがあります。

それは、あまりに悲観的な考え方をしてきたことです。

10代後半から20代前半の時期が一番酷く、俺は何をやってもダメな人間だとばかり考えてました。

なぜ、後悔しているか

後悔している理由は、悲観的な考え方のせいで「自分の行動が制限されていた」からです。

「やっても多分うまくいかない」「今さらこんなことやっても意味ない」「俺には才能が無い」。このような言葉には自分の行動(チャレンジ)を抑制する作用があります。できるかできないかは実際にやってみないと分からないにも関わらずです。

本当に20代のころにチャレンジしなかったことは今ではとても後悔しています

楽観的になることのメリット

チャレンジする意欲が湧いてくる

楽観的になると色々なことにチャレンジしたいという意欲が湧いてきます。

チャレンジして成功すれば自信になれますし、失敗したとしてもそれを経験として活かすことができます。

変なプライドがなくなり、周囲にも人が集まってくる

会社で何か新しいことをやろうとした時に、起きもしないリスクを引っ張り出してきて反対する人いますよね。

悲観的で、かつプライドが高い人がそうなりがちです。

そういう人の周囲には人がいなくなります。そりゃそうですよね。周囲からしたらそんな人邪魔なだけです。

このような時に前向きに「どうすればいいか」建設的に考えられる人の周囲には人も集まってきます。

楽観的な人は周囲にも好影響を与えることができます。

*もちろんリスクを無視しろと言ってる訳ではありません。

どうすれば楽観的になれるのか

ではどうすれば楽観的な考え方をすることができるようになるのでしょうか。

正直、以前よりはましになりましたが、今の僕も決して楽観的な性格とは言えないので、あまり核心的なことは言えません。ただ、以下の二つをすることで多少なりとも前向きになることができたと思います。

自分の理想と現実の立ち位置を冷静に分析する

まずは、自分の思い込みや先入観を捨てて、自分の理想と現実のギャップを客観的に分析してみることが必要です。

自分のありたい姿を想像して、そうなるためにはどうしたらいいか具体的に考えてみることです。

そうすると今まで「絶対自分にはムリ!」と思っていたことが、「あれ、意外と俺にもできるんじゃない?」、「難しいけど絶対できないわけじゃないな」と考えられるようになります。

これが思考を整理する効果です。整理しても「無理だ」と思うことはやはり無理なのです。それは諦めるしかありません。

決断を下す

思考を整理したら、やるのかやらないのか決断を下すのです。

やるのならやる、やらないならやらないと決めてしまうことです。会社やめたいなら、やめるのかやめないのか、さっさと決めてしまいましょう。

決めてしまえば、後はその決断に自分を従わせるだけです。

やめるならさっさとやめる、やめないなら決意を新たにその場所で頑張る。

悲観とか楽観とか、そういう思考が入り込む余地をなくしてしまうのです。決断してしまえば意外と楽観的になれます

悲観的な自分との付き合い方

とは言っても、生まれ持った性格をすぐに変えるのは困難です。

どうしても楽観的な考え方に変えられないなら、変な言い方ですが、悲観的な自分も認めてしまって「俺は悲観的なんだからしょうがない!」と開き直ってしまうことも必要です。

以前に紹介した岡本太郎さんの著書「自分の中に毒を持て」にも以下のようなことが書かれています。

そんな気の弱いことでどうする–とクヨクヨしても、気は強くならない。だから、むしろ自分は気が弱いんだと思って、強くなろうとジタバタしない方がいい。諦めるんではなく、気が弱いんだと思ってしまうんだ。そうすれば何かしら、自分なりに積極的になれるものが出てくるかもしれない、つまらないものでも、自分が情熱を賭けてうち込めば、それが生きがいだ。

岡本 太郎 「自分の中に毒を持て」より引用

自分が消極的な行動を取ってしまった時でも、それをグダグダと思い悩んでいるよりも、「俺には自信が無いからしょうがない!」と居直ってしまった方がいいのです。そうすれば、逆に自分ができること、やりたいことが見えてくるかもしれません。

消極的な行動をしたのは「自信がないから」ではなく、「本当はやりたくない」からなのかもしれません。

とにかく悲観的になってる時間があれば、悩まずにどんどん前に進みましょう!