僕がやっていた、連休明けの会社行きたくない気分をやわらげるための方法

大空

Sponsored Link

明日でGWも終わりですね。長く休みを取れた人は9連休だったという人もいるのではないでしょうか。実家へ帰省、海外旅行、家でゴロゴロなど過ごし方は皆さんそれぞれだとは思いますが、共通してるのは「月曜からまた仕事に行かなきゃ行けない」という憂鬱な気持ちではないでしょうか。(もちろん「会社に行くのが楽しみでしょうがない!」という人もいるとは思いますが、そんな人はこのブログを見ることはないでしょう。)

今回は、そのような憂鬱な気持ちをやわらげるために僕がやっていたことを書きたいと思います。全部特に難しいことではないので、参考にして皆さんも明日やってみてはいかがですか。

連休明けの憂鬱な気分をやわらげる方法




余韻に浸らない

連休中の楽しかった出来事の余韻にいつまでも浸っていると、余計に仕事に行かなければいけないという現実が辛いものに思えてきます。思い出はひとまず頭の片隅に置いといて、気持ちを早く通常モードに切り替えましょう。

荷物をすぐに片づける

気持ちを切り替えるために必要なのは荷物をすぐに片づけることです。旅行や帰省の荷物をそのままにしていると気持ちが休みモードから切り替わりません。家に帰ってきたら多少疲れていても、すぐに荷物を片付けたほうがいいです。そうすることで気持ちのスイッチが切り替えることができます。

荷物が散らかった部屋で月曜の朝を迎えると、気分良く一週間を始めることができません。明日中には必ず片づけるようにしましょう。

新しい服や道具を買う

新しい服や文房具・ツールなどを買うと、早くそれを着たり使ったりしてみたくなります。そうすると会社に行くのも楽しみになってきます。

僕は長期連休の時にシャツを買うようにしていました。新しいシャツを買うことで仕事が始まるという憂鬱な気分を和らげることができます。気持ちも新たになって「また明日からやるぞ!」という気持ちも湧いてきます。

別にシャツやスーツじゃなくても何でもいいと思います。文房具、パソコン、スマホ。ノウハウ本を読んでそれを実践してみるというのでもいいと思います。新たな気持ちになれるものを連休中に購入することで、仕事に行くのが少しは楽しみになるかもしれません。

カッコイイ!と思う人の本を読んだり番組を見たりする

誰しも憧れていたり、カッコいいと思う人がいると思います。そのような人の書いた本を読んだり、特集番組を見たりすることで「俺もやらなきゃ!」という気持ちが湧いてきます。

「情熱大陸」や「プロフェッショナル仕事の流儀」のような番組を録画しておいて見るのもいいでしょう。目標とする人が頑張っている姿を目にすることは自分のモチベーションを高めてくれます。

何も考えずに早く寝る

連休最終日は色々なことを考えがちです。「明日から仕事嫌だな~」「休み前にあれやり残してたなぁ。明日やらなきゃ。」「明日から気持ち切り替えて頑張るぞ!」等々。

色々考えてしまうのは仕方のないことですが、一番大切なのは連休の疲れを取ることです。時々「休みの最終日の夜に翌日のシュミレーションをしよう」ということを書いてある自己啓発本がありますが、そんなことをして眠れなくなって疲れが残ったまま出社することになっては本末転倒です。

余計なことは考えずスパッと眠りましょう。そして早く起きて色々と考えればいいのです。とにかく疲れを残さない。それを最優先に考えるべきです。

初日は簡単な仕事から始める

出社したらまずは簡単な仕事から始めて次第にペースを上げていきましょう。スポーツでも準備運動をしないまま、いきなり全力投球していてはケガをしてしまいます。まずは体と頭を仕事に慣らしていきましょう。

靴を磨く

「しつこい!」と言われそうですが、休み中に靴を磨いておきましょう。

月曜の朝、玄関を出た時に、靴が汚れているとがっかりした気持ちになります(ならないと言う人もいるかもしれませんがそれも問題です)。靴に限りませんが身だしなみが整っていると自分に自信が持てるようになります。特に連休明けの月曜の朝は気分を盛り上げて行くためにも、身なりをきちんと整えてから出かけるようにしましょう。

休み明けも気持ちよく出勤!誰にでもできる簡単な方法

2017.01.09

まとめ

僕がやっていた方法まとめ

  • 余韻に浸らない
  • 荷物をすぐに片づける
  • 新しい服や道具を買う
  • カッコイイ!と思う人の本を読んだり番組を見たりする
  • 何も考えずに早く寝る
  • 初日は簡単な仕事から始める
  • 靴を磨く

長期連休明けの出社は誰だって憂鬱になるものです。上記のことを実行したからと言って完全に憂鬱な気持ちが吹き飛ぶことはないでしょう。

それでも、自分が少しでも気持ちよく仕事ができる方法を考えることは大切です。それによって少しでも前向きな気持ちになれれば儲けもの。憂鬱で暗い気持ちで仕事をするとミスも起きやすくなります。そうなると負のスパイラルに落ちてしまうので、それだけは防ぐようにしましょう。

上記の方法がすべてではありません。僕が気分が良くなるからといって全員がそうなるとは限りません。自分が前向きになれる方法は自分で見つける必要があります。下らないゲン担ぎのようなものでもいいのです。自分が気持ちよくなれれば何でもいいのです。そのようなものが有るか無いかで気持ちの持ち方が大きく変わってきます。

明日は連休最終日。月曜から前向きに仕事に取り組めるように明日何かやってみましょう!