【パワハラ回避】クラッシャー上司から身を守るための5つの方法

Sponsored Link

こんにちは、masapiroです。

みなさんはクラッシャー上司の下で働いたことはありますか?クラッシャー上司とは強権的な行動で部下を攻撃し、壊してしまうような上司です。僕も何度かこのような上司にあたってしまい、一度は壊されかけました。

その時の経験をもとに、クラッシャー上司の傾向と対策について書いてみたいと思います。

クラッシャー上司の特徴

まずは僕が見てきたクラッシャー上司の特性についてまとめてみます。

  1. 気が弱い
  2. 上からの圧力に弱い
  3. コミュニケーション能力が無い
  4. 自分の意思が無い

この4つがそろった上司は要注意です。

特に1と2は僕が見てきたクラッシャー上司のほぼすべてに共通する特性です。彼らは気が小さく、自分の上司に何も言えないので部下を攻撃することで自分の責任を回避しようとするのです。結果が出ないのは自分の責任ではなく、部下の責任だということをアピールするために部下を攻撃するのです。

一番危険なのは部署異動の直後

一番危険なのは部署異動をしてクラッシャー上司の下についた間際の時期です。クラッシャー上司は新しい部下が来ると自分の権力を誇示しようと攻撃してきます。まだ着任間際で業務にも慣れない内が一番ターゲットにされやすい時期なので注意が必要です。

クラッシャー上司から身を守るための5つの方法

僕がこれまでの経験から考えた、クラッシャー上司から身を守る方法を紹介します。

1.周囲の評価を高めて外堀を埋める

一番効果的な方法は周囲の人からの評価を高めることです。

周囲の人とは顧客や業務で関連する部署の人達です。クラッシャー上司は確固たる判断基準を自分の中に持っていないので、周囲の評価がそのまま自分の評価になりがちです。そのためターゲットにするのは必ず周囲の評価が低い人になります。お客さんや関連部署の役職者などからの評価を高めて、外堀を埋めてしまえばターゲットになりにくくなります。

2.圧倒的な実績を残す

彼らが攻撃するのは「できない」と思われている部下です。自分より「できる」人間をターゲットにはしません。

仕事で成果を出し続ければ、自然と攻撃は無くなります。

3.上位者に実績をアピールする

圧倒的な実績を残したとしても彼らはそれを自分の実績にしようとします。それを防ぐためにも積極的に、より上位者に自分の実績であることをアピールしましょう。慎ましやかにしている必要はありません。実績はどんどんとアピールしていきましょう。上位者の評価が高まれば、彼らも手出しはできません。

4.謝らない

彼らは気が弱いので反抗的な態度をとる人には攻撃しません。ターゲットにされるのは素直で真面目な人です。クラッシャー上司を相手にする時は、すべてのことを真に受けていてはいけません。自分が間違っていないと思うのならば強く主張しましょう。

またミスをしてしまった場合でも卑屈になる必要はありません。次にミスをしないための対策だけを考えてミスしたことは忘れてしまっていいのです。彼らはそのようなミスを執拗に突いてきますが、謝るのは一度だけでいいのです。しつこく言ってくるようであれば逆ギレしてもいいです。彼らは気が弱いのですぐに大人しくなります。

5.労働組合に相談する

それでも攻撃が止まないようであれば労働組合に相談しましょう。彼らは自分の行動が騒ぎを引き起こすことを嫌がります。だから組合に相談して彼らの実態を公にすることによって、攻撃が止む可能性もあります。

ただし労働組合も会社によっては全く機能していないだけでなく、会社側とむしろ懇意になっている場合もあるので、その場合は逆効果にもなりかねません。自分の会社で組合に相談した人がどうなったのか、組合がどんな行動を取ったのかを調べてから相談するのがいいでしょう。




バカのために自分が犠牲になる必要はない

パワハラ上司や部下を壊すクラッシャー上司はほぼ間違いなくバカです。頭がよく的確で冷静に指示を出せる上司は、部下を厳しく指導していたとしても「パワハラ上司」とは言われませんし、部下もちゃんと付いてきます。

ただ残念なことに会社では上司を選ぶことはできません。長年仕事をしていると、必ずこのような上司と巡り合ってしまいます。その時に考えて欲しいのは、どんな場合でも「自分が犠牲になる必要はない」ということです。

仕事が出来ようが出来まいが、部下も一人の人間なのです。それぞれの人生があり、生きるために仕事をしているのです。それを自分の保身のために壊そうとする人が、まともな人間であるはずがありません。

もちろん仕事には全力を尽くさなくてはいけませんし、ミスをすれば咎められることもあるでしょう。しかし所詮は仕事なのです。自分の精神や命を犠牲にする必要は全くないのです。

とにかく卑屈にならず、逆ギレだろうが何だろうが強気でいれば何とかなります。恐れずに、逃げずに立ち向かえば彼らは気が弱いので必ず怯みます。どうしても無理なら、その時はそんな会社やめてしまいましょう。