僕の会社員生活もあと一週間となりました。

office

Sponsored Link

早いものでもう3月8日。出勤するのもあと1週間になりました。

昨年7月末に退職を申し入れてから半年強。退職を決めてからは仕事へのモチベーションも上がらないにも関わらず、よく半年以上も投げ出さずにやってこれたなと、あらためて自分の我慢強さには自分でも関心してしまいます。

仕事へのモチベーション

2016.11.28

ここまでやってこれたのは

正直、退職を決意してからも半年以上やってこれたのは、先輩・後輩含めた同僚のおかげです。

彼らは管理職連中に抑圧されて疲れ切っていますが、みんな優秀で人間的にもしっかりしています。彼らは僕が辞めると知った後も特に今までと変わりなく接してくれましたし、本気で残念がってくれた人もいます。彼らとならもう少し一緒に働きたいという気持ちは今でもあります。

管理職連中はどうしようもない

彼らは皆、僕が会社やめることに同情的で理解を示してくれます。(「それだったらお前もやめれば」とも言いたくなりますが。。)その理由は今の管理職連中の体たらくです。

意見が対立するということではありません。そんなレベルではなく彼らは全くやる気そのものがありません。

基本的には新しいこと・リスクのあることはすべてNo!。部下にすべての資料を作らせ自分は夕方出かけた体にして飲みに行ってしまいます。

都合の悪いことはひた隠しにし、ばれると部下の責任にする。部下には主体性を説きながら自分は外野から批評するだけ。

まぁ書き出すときりがないのでこの辺にしておきますが、彼らは仕事に対して本気になっていないのです。

社内のことがすべてでお客さんの都合は無視。自分たちが平穏にできればいいという考えしかありません。

だからお客さんから全く信頼されておらず、そのしわ寄せが現場で一生懸命仕事をしている末端の社員に降りかかってきている状態です。

責任感のない人達と一緒に仕事をしてると怒りを覚える。

2017.01.21

無駄な時間を過ごすのであれば環境を変えよう!

もう僕はそういう人たちの相手は疲れました。あと一週間でそれからようやく解放されると思うと、本当に晴れ晴れとした気持ちになります。

僕は安易な退職は勧めませんが、死んだ環境にいると自分も死んでしまいます。今自分の置かれている環境がそのような環境であるなら自分から積極的に変えていくか、もし変えられないのであれば即刻そこから去るべきだと思います。お金は取り戻せても、過ぎた時間は取り戻せません。無駄な時間を過ごすのであれば早く環境を変えるべきです。

まだ僕は会社を辞めてませんし、これからどうなるかも分からないので偉そうなことは言えません。もしかしたらこれから生活に困窮してしまうかもしれません。

ただ、僕は自分で決断をしたことに後悔はしないようにしようと決めています。「やっぱり辞めなければよかった」などと後で言わないように、自分のやりたいことは何なのか、どういう生き方をしたいのか、何を優先するのかをしっかりと決めて、これから行動したいと思っています。

とりあえずはあと一週間。後輩のためにも引継ぎはしっかりと最後まで頑張りたいと思います。