退職から半年が過ぎた今の率直な気持ち

大空

Sponsored Link

9月15日で退職から半年が経ちました。

つい先日まで会社に行っていたような感覚なのに、本当に月日の流れるのは早いです。

今、僕はまだ働いていません。ニート状態です。

退職してすぐに働くつもりはなかったので予定通りではあるのですが、やはり半年間も仕事をしてないと、不安とは違うのですが何かモヤモヤしたものが出てきてしまいます。

そんな今の気持ちをすこし書き出してみたいと思います。

会社やめたことへの後悔はない

毎回書いているような気もしますが、会社をやめたことに対しての後悔は今の時点でもありません。

むしろ、「あの会社やめて良かった。」という気持ちです。

苦しむ後輩

今でも時々、僕の後を継いだ後輩から電話が掛かってきます。

話を聞いていると部門のトップ(本部長)が交代した後、前にもまして管理が厳しくなり、会議も増え、みんな残業時間が長くなっているとのこと。完全に世の中の流れに逆行しています。

僕がやめようと思ったのも、その本部長がトップになる流れになってきたことが理由の一つです。彼は昔ながらの体育会系で根性論大好き、昨今の働き方改革を全否定するような人でした。

鬱で休職なんて理解されるはずもなく、かつて鬱になって休職した僕は彼からみれば「弱虫」でしかありません。

僕の退職後にやはり部門のトップになり、その後は聞く限りでは酷い有様です。もし、あのまま会社に残っていれば僕はまた休職に追い込まれていたか、もっとひどい状態で退職してしまったかもしれません。

だから、退職した選択が間違っていたという思いは全くありません。



気力、体力は会社員の頃よりもはるかに強い

今はブログ書いたり、読書をしたり、中小企業診断士の勉強をしたり、旅行したり、忙しくて会えなかった友人達に会いに行ったりしています。

睡眠時間もサラリーマン時代と変わらないくらいで、色々やっているのですが、不思議と疲れはあまり感じません。

むしろサラリーマン時代よりも気力・体力ともに充実しています。

人にやらされることと自分で決めて行動することとでは、充実度や消耗度がまったく違います。中小企業診断士の試験前には1日12時間勉強していましたが、辛いと感じることは無く、むしろ充実感を感じながら勉強できました。

「もっと早く、能動的に自分からどんどん行動すればよかった。」それだけは本当に後悔してます。

やっぱりサラリーマンはもう嫌だ

もう一度サラリーマンに戻りたいか?

そう聞かれたら僕は即答します。「否」と。

僕の居た会社が相性が合わなかっただけかもしれませんが、無駄な会議や飲み会、休日まで携帯で追い回される日常、仕事終わっても帰れない雰囲気、満員電車での通勤、etc..。これらを思い出すだけでもう、うんざりします。

もう一度サラリーマンをやりたい気持ちは全くありません。

でもお金どうするのよ?

サラリーマンが嫌だと言ってもお金は稼がないといけません。

マネーフォワードの資産額はナイアガラの滝状態です。

僕には妻もいます。

でも「お金?うーん。どうしましょう。。うーん。」という感じで今は何も答えがない状態です。

ただ何故か不安は無いんです。「最悪、金なくなったらバイトすればいいし、どうしようもなければもう一回サラリーマンやればいいし、人手不足だから再就職先くらいあるだろ。」という周囲に言ったら「なに甘いこと言ってるんだ!」と喝を入れられそうな考えになってます。

妻も「鬱になって苦しんでるのを見るくらいなら、楽しくしてて欲しい。貯金なくなりそうになったら私も働くから。」と言ってくれてるので、しばらくはそれに甘えようかな。

いいのか悪いのか分からないけど楽観的になった

僕は根っからの悲観論者で、いつも「うまくいかなかったらどうしよう」「俺にはできない」「こんなこと言ったら恥ずかしい」などという考えばかりで生きてきました。無駄にプライドも高く、何事にも慎重で行動できないタイプでした。

それが、上記のように退職してからはとても楽観的な性格になりました。

もしかしたら、不安を打ち消すために防衛本能が働いて楽観的に考えようとしているだけなのかもしれません。

でも明らかに、以前のような失敗への恐怖や変なプライドは少なくなってきているのを自分でも実感するのです。

今までは自分を大きく見せようと周囲の人たちに自分の仕事の成果を誇張して話したり、失敗したことは絶対に話したりしなかったのですが、今では無職であることを堂々と話しています。

昔の自分なら、仕事をやめたとしても仕事している体で話をしていたと思います。今はそんなこと、どうでもよくなりました。

この楽観的な考えがいつまで続くのか、正しいのか間違っているのかは今の時点では分かりません。

ただ、悲観ばかり抱えて生きてきた頃よりも楽だし、楽しいのは事実です。

僕がここまでやってこれたのは悲観的考え方のお陰でもあるのだけど、最近はその悲観が大きくなりすぎて自分を潰してしまうまでに成長してしまっていました。

もちろん今まで形作られた性格が30過ぎて180度変わることはないと思っています。表面的には変わったように見えても深層心理には大きな悲観が隠れているはずです。

それでも、今まで自分を押しつぶすまでに成長した悲観が表面部分だけでも取り除けたのは、自分にとって大きなポジティブな変化だと思っています。

いまはリハビリ期間なのかな

そういう意味では、今の期間はリハビリ期間なのかもしれません。おかしな方向に振れてしまった自分の感情を元に戻すための。

会社で働いていた時は「夢」だの「希望」だの「将来」だのそんなこと一切考えられませんでした。

朝から不安を抱えながら出勤し、その日の仕事を無事に終えることだけを考えて一日を過ごし、それが終わればまた不安に襲われる。それの繰り返しでした。

今はそのループから脱却するためのリハビリ期間。

その言葉が一番しっくりきます。

嫌なことをせずに生きること

どうしてこんなに楽観的になれて、気力・体力が充実しているのか?会社やめる前はむしろ不安に押しつぶされるんじゃないかと思っていたので自分でも少し予想外です。

理由を色々考えてみましたが、しっくりきたのは「嫌なことをしていないから」ということ。

昔は「嫌なことこそ率先してやるべきだ」なんてよくわからない「べき論」に囚われていましたが、今はそこから自分が解放され、「嫌なことはわざわざやらなくていいじゃん」と考えてます。

嫌なことをしなければ気力も充実し楽に生きられるなら、それでいいじゃないか。

今はそんな気持ちです。

だからこれからは「嫌なことは可能な限り避ける」「間違っても自分から嫌な方向に行かない」ということを方針に置きたいと思います。

まとめ

つらつらと今の自分の思いを書き出して行きました。まとまりがなく読みにくく申し訳ないです。

まとめると後悔や不安の気持ちはあまりなく、むしろ気力・体力ともに充実しています。

やっぱり「嫌なことをやる」ことの悪影響は大きいのだと実感しています。

どこまでできるか分からないし結果はどうなるかわからないですが「嫌なことはやらない」。この方針をベースに今後の行動を決めていきます。

それでは!