30過ぎると色々楽になるから、なんとか頑張って生きて欲しい

Sponsored Link

夏休みが終わり新学期が始まるこの時期。毎年のように痛ましいニュースが報じられます。

 

夏休みが終わってまた明日から学校へ行かなくてはいけない。

なんとか頑張って一日行ってみたけど、やっぱりどうしようもない。

そう考えて自ら命を絶つ学生が多いそうです。

このブログの読者からは外れるので、なかなか読んでくれることは無いかもしれませんが、学校や社会の中でうまくいかずに悩んでる若い人たちに対して僕なりのメッセージを送りたいと思います。

30過ぎてから生きるのが楽になった

僕も10代、20代の頃は生きづらさを常に感じて生きてきました。

人見知りな性格が災いし、なかなか他人との関係も上手くいかず、一人で悶々とする日々でした。

パワハラ上司に遭遇し、うつとなり休職してしまうこともありました。

毎日、鬱々と一人で悩み続け何の楽しみも見いだせない日々が続いたこともあります。

30過ぎてからは余計なことを考えなくなった

ただ、30を過ぎたあたりから状況が変わってきます。

10代、20代の頃を振り返ってみると「何であんなことで悩んでたんだろう?」と疑問になるくらい、全てがどうでもよくなってきたのです。

仕事面では当然20代のころより量も責任も大きくなり大変にはなったのですが、精神的には悩むことが少なくなりました。

「学生時代は楽しかった」「20代はよかった」とか言う人いますが、僕は30歳過ぎてからの方が圧倒的に人生楽しいです。10代、20代の頃はこんなに人生が面白いとは思ったことはありませんでした。

なぜ楽になるのか?

30代になってくると、色々あきらめがついてきます。

イケメンにもプロ野球選手にも東大生エリートにもコミュ力のある面白人間にも今さらなれない訳です。

10代、20代の頃はそのような望んでも手に入らないものを無駄に望んでしまい苦しんでしまいがちです。

しかし30を過ぎるとそんなこと諦めざるを得なくなり、そうなると余計なことを考えなくて済むので気持ちが楽になってきます。

また、周囲の評価基準も変わってきます。

若いころはキラキラした経歴や見た目の良さが積極的に評価されますが、30代になると「誠実さ」や「落ち着き」など20代のころにはあまり評価されなかった基準が次第に重視されてきます。

若いころには目立たなかった人が、30過ぎてから評価されるようになることはよくあることです。

それに加えて周囲の評価自体も気にならなくなってきます。これは上記の「諦め」が一つの要因です。

「評価なんて気にしても今さら変われない。だったら自分の好きなようにやっちゃえ!」と思える時がどこかでやってきます。

努力を続けていけば必ず地獄から脱出できる

評価を気にせず自分の決めた道を進む

若いころはどうしても周囲の目を気にしがちで周囲に合わせた行動をしてしまいがちです。

実際、周囲とあわせないことが原因でいじめに遭ったり、仲間外れにされるということも実際にはあるでしょう。

ただそこで、苦しいからと言って周囲に合わせてしまっては自分が苦しくなります。他人の土俵で相撲を取ることになります。

そうなると自分には何も残りません。周囲に気を使いながらやりたくもない仕事をし続けることになります。

周囲が理解しないなら、その場から逃げ出してでも自分の信じる道を突き進んで欲しいと思います。

繰り返しますが周囲に合わせたまま生きると、自分には何も残りません。

自分で決めて自分の意思で行動するのみです。

人生はトータルでバランスが取れるようになっている

結局、人生はトータルでバランスが取れるようにできているのです。きちんと努力さえしていれば。

10代、20代の頃楽しい人生だった人が30代になり結婚して子供が出来たりした途端に、やる気を失ってしまう人もいます。

僕のように30代を過ぎてから人生が楽しくなってくる人もいます。

40代50代になってから人生のピークが来る人もいるでしょう。

もちろん、常に充実して楽しい人生を送っている人もいます。

きちんとやることやっていれば「一生不幸な人生」なんて絶対にならないのです。

今の苦しみが一生続くことはありません。断言できます。

僕ができたのだからみんなできる

僕も10代20代のころは本当に毎日苦しかったです。

生きてる意味を見出せず、こんな人生なら死んでも別にいいやと考えていたこともあります。

でも今は、毎日を楽しんで生きているしこれから実現したいこともたくさんあります。

「それはあなたの場合でみんなに当てはまるとは限らない」という人もいるかもしれません。それはその通りでしょう。

でも少し見方を変えてみて下さい。「僕にできたのだからあなたにもできる可能性がある」とも考えられるのです。「不可能」とする理由はありません。みんな変われる可能性はあります。

だからどんなことがあっても死ぬ必要はありません。生きることが楽しくなる時期が必ずやってきます。

このことだけは信じて明日も生きて欲しいと思います。