会社を辞めることを決意して起きた6つの変化

change

Sponsored Link

会社を辞めることを決意してから約4カ月、自分の意識や行動がいろいろと変化していることに気づくようになりました。今感じている変化をまとめておきたいと思います。

細かいことを気にしすぎないようになった

僕は自他ともに認める慎重な性格で、神経質で完璧主義者です。「うつ病になりやすい人」なんかのチェックリストをやってみると、ほとんどの質問にチェックがついてしまいます。

仕事でも些細なことを気にして神経ばかりすり減らしていました。

例えば

  • メールの文面が気になり何回も読み直し・修正をしていつまで経っても送信できない。
  • お客さんの工場が基本的に土日でも操業している業界なので、休日でも携帯を肌身離さず持っている。
  • まず起こらないようなことをシュミレーションして不安になって眠れなくなる などなど

思えば半分病気でしたね(笑)

今はもう一々気にしないようにしています。それでも性格が簡単に変わるわけではないので気にしてはしまうのですが、明らかに以前と比べると楽な気持ちで仕事できるようになっています。

やりたいことがたくさん浮かぶようになった

これまでは正直やりたいことがあっても、「仕事があるから時間がとれない」とか「休日は休みたい」などと考えて諦めてばかりでした。そうしているうちに、自分の意識がほとんど仕事に支配され、そもそもやりたいこと自体が考えられなくなっていました。

今はやりたいことがありすぎて困っています。勉強、ゲーム、読書、ブログ、ゴルフ、etc・・・。見たり聞いたりしたことがどれも面白そうに感じられて、やってみたくてウズウズします。

もちろん会社を辞めた後どうやって生活していくかについても、前向きにいろいろと考えられるようになっています。

時間の無駄に敏感になった

やりたいことが増えてくると、問題になってくるのが時間をいかに確保するかということです。今までは平日仕事が終わらなければ土日やればいいやなどと考えていましたが、今は正直そんなことに休みを使いたくありません。だから無理矢理にでも仕事を終わらせるようにしています。上から降りてきた意味のない報告資料などは適当に作成するようにしました。そうやっていますが、意外と何も問題は起こっていません。

また、移動時間などの隙間時間に何をするかを真剣に考えるようになりました。Kindleを買って移動中に本を読めるようにしたり、ブログネタを集めたり。今までは漫然とスマホを見ているだけだったり、車で移動の時は寝ているだけでした。

今は時間が何より大切だと考えて行動するようになりました。



仕事では積極的に人から何かを吸収しようと思うようになった

正直な話、退職を申し入れてからは仕事のモチベーションはダダ下がりです。もはや今の会社で先はないので、後は大過なく過ごせればいいという気持ちになってます。上でも書きましたが、意味無さげな資料やタスクは正直適当にあしらっています。

ただ、面白そうな仕事をしている人や営業部以外の人と積極的に話すようになりました。

今までは自分に直接関係のない部署の人たちに対しては無関心でしたが、会社を辞めてしまえば、彼らとコミニュケーションを取ることも困難になってしまいます。

会社にいる内に彼らから面白そうな情報やスキルを吸収したいと思い、積極的にコンタクトしています。

考えるより行動するようになった

考えてばかりいないでまず行動!という意識に変わってきました。これは上に書いたように「細かく考えるだけ時間の無駄」と考えられるようになったからだと思います。フットワークは明らかに軽くなりました。

他人に素直な気持ちを打ち明けられるようになった

僕は慎重で神経質な性格と書きましたが、人間関係に関しても同じです。他人を過度に警戒して自分の気持ちを正直に話せなかったり、関係がこじれるのを恐れて自分の主張ができなかったり。昔の自分だったらブログなんて恐ろしくて絶対に書けませんでした。

でも、会社を辞める意思を伝えてからは不思議と自分の言いたいことが言えるようになってきました。

まあこれは「どうせあと少しの付き合いだから」という気持ちがあるからには違いないのですが、今まではそういう状況でも、二度と顔を合わすことがないとわかっている人に対してでさえ、何も主張できませんでした。そんな自分がここまで言うかと思うほど素直に自分のことが話せるようになりました。

まとめ

「なんかいい事ばかり書いてるけど今だけだよ。やめた後の現実はそんなに甘くないよ。」と言われそうですが、今の自分にはポジティブな変化しかありません。もちろん退職後の収支見込を考えたりすると不安にならない訳ではないですが、むしろその不安も「何とかしてやろう!」という前向きな気持ちに変えれています。

「決意」をすると人は変わる。それは今、僕自身が実感しています。

今の日本では必ずしも決意をしなくても生きていけます。勉強していい学校に入り、就職すればそれなりに生きていけます。「強い意志」や「固い決意」なんて生きる上で別に必要ありません。そのような生き方を選ぶ人を否定するつもりはありません(僕自身も半年前までは同じでした)。

でも、成功している人や人生を楽しんでいる人は自分の意思で生きています。流されるままに生きていたのでは、結局いい人生を送れるかどうかは周り次第になってしまいます。

自分の意思もなく、他人任せで生きているのに周りや環境に対して不平不満ばっかりを言っている人がいます。僕もそうでした。

勇気を出して一歩踏み出せば明るい人生が待っているよ。そんなことをこのブログで報告できるよう、頑張ります!